まどかレディースクリニック

診療のご案内

月経に関すること

月経不順

このような症状はありませんか?

  • 月経が来ない
  • 月経の周期がバラバラ
  • 月経が月に2回もあった/li>

月経不順ってなんだろう

突然月経(生理)が来なくなってしまった、月経の間隔がのびてしまって、次の月経がいつ始まるのかわからない、短期間に少ない出血が繰り返され、月経なのか不正出血なのかわからないなど、生理不順の症状お持ちの方は多くいらっしゃいます。このような状態を長期間放置すると、治療に反応しずらくなったり、精神的に不安定になるなどということもありますので、きちんと検査をして、早めに治療を開始する必要があります。

月経不順の種類

頻発月経

月経周期は25~37日とされていますが、24日以内に月経が頻発するものを“頻発月経”と呼びます。これは排卵障害による無排卵出血の場合があり、排卵の確認をすることが必要です。

稀発月経・無月経

月経が38日以上の間隔であったり、月経が来ない場合、“稀発月経”あるいは“無月経”となります。いずれも排卵障害によることが多いです。排卵できない原因としては、「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれる卵巣の機能異常や、最近増加傾向のストレスやダイエットを引き金にする「視床下部性無月経」、「下垂体性無月経」があります。拒食症など、食行動の異常の場合には、カウンセリングも必要となります。

月経不順の原因

1不安定期

まだ、からだが成熟していない思春期や、50歳前後の更年期には、
・スムーズに月経が行われるからだの環境が
 整っていない
・卵巣機能が安定しない
・卵巣機能の低下

などの理由により月経不順になりやすくなります。

2器質性月経困難症

からだやこころに過度の負担・ストレスが加わると月経不順になりやすくなります。
・過度のストレス
・激しい運動
・無理なダイエットでの急激な体重減少

3薬の副作用や病気

薬の副作用や病気でも月経不順はおこります。
・向精神薬など薬の副作用
・卵巣の異常
・下垂体や甲状腺などの機能異常

月経不順の治療

1ホルモン剤の使用

エストロゲン、プロゲステロンを周期的に投与する方法や、低容量ピルなどを使います。

2漢方の内服

体質、生活に合わせて漢方を処方します。

3排卵誘発剤の服用

妊娠を希望される方で行います。

過度なダイエットによる体重減少性無月経の場合は、出血は逆にからだの負担になりますので、体重がある程度戻るまで経過観察をします。

トップページ初めての方へ
クリニックのご案内女性医師による診療
女性心理士による
カウンセリング
新着情報
診療内容一覧女性のからだと
こころの悩み
思春期のからだと
こころの悩み
女性のための漢方
女性のためのがん検診更年期障害
月経に関すること子宮に関すること
卵巣に関すること女性のための健診
性感染症避妊・月経移動
予防接種避妊のご相談
妊娠判定問診票ダウンロード
求人情報予約システムのご案内
アクセススタッフブログ
facebokTwitter
PCサイトへ