まどかレディースクリニック

診療のご案内

卵巣に関すること

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)

卵巣は「沈黙の臓器」と言われています

卵巣は、「沈黙の臓器」ともいわれ、
卵巣腫瘍ができても、ほとんど症状がありません。

卵巣腫瘍の大きさが、にぎりこぶし大にもなれば、専門家は内診で確認することもできますが、この段階になっても、自覚症状はほとんどないのが一般的です。
どちらかというと、検診や、別の病気の検査で偶然見つかるというケースのほうが多いのが現状です。
卵巣腫瘍の大きさが、こぶし大よりも大きくなってくると、下腹部の膨らみや、違和感を感じたりするようになります。腹壁が引っ張られているような違和感や軽度の痛みや腰痛なども症状として出る場合があります。

さらに大きくなり、卵巣が茎捻転(大きくなった卵巣がなにかのはずみに根元からねじれた状態)を起こすと、下腹部の激しい痛みや、ショック状態に陥ったり、嘔吐を起こすこともあります。ねじれたところから血流が途絶え、卵巣の細胞が壊死してしまうので、すぐに手術が必要となります。

卵巣腫瘍(らんそうしゅよう)ってなんだろう

卵巣は、子宮の両側に1つずつあり、成人女性ではクルミ大となります。
卵巣から、定期的に女性ホルモンの分泌と排卵が起こり、月経などのリズムを作っています。
腫瘍には良性と悪性があります。卵巣の場合は、「卵巣がん」が悪性の腫瘍となりますが、卵巣にできる腫瘍の9割以上は良性の腫瘍で、良性の腫瘍の中で一番多いのが、卵巣嚢腫です。

卵巣腫瘍にはいくつかの
種類があります。

  • 髪の毛や歯、骨、皮膚などを含む
    「被様嚢腫」(奇形腫)
  • 子宮内膜症が原因で起こるもので、子宮内膜の組織や血液がたまり、変色してチョコレート色になっている「チョコレート嚢胞」
  • 卵巣の表面を覆っている上皮から発生し、中にサラサラした液体がたまる「漿液性腺腫」
  • ドロドロした粘液がたまった「粘液性腺腫」

卵巣腫瘍は10代でもおきますので、10代から注意が必要となります。

卵巣腫瘍の治療

1
チョコレート嚢胞は、子宮内膜症の治療を行います。
2
腫瘍が6cmをこえる、悪性がうたがわれる時には手術を行います。

ただ、劇的な症状の場合以外、性急に手術ということではなく、
・どの時点で手術をするか
・どの方法で手術を行うか

を注意深く判断する必要があります。

・小さな卵巣腫瘍→定期的な検査で経過観察
・中程度の卵巣腫瘍(6cm以上)→手術を考える必要がある


医師による判断や,御本人の希望もうかがいながら決めていきます。

トップページ初めての方へ
クリニックのご案内女性医師による診療
女性心理士による
カウンセリング
新着情報
診療内容一覧女性のからだと
こころの悩み
思春期のからだと
こころの悩み
女性のための漢方
女性のためのがん検診更年期障害
月経に関すること子宮に関すること
卵巣に関すること女性のための健診
性感染症避妊・月経移動
予防接種避妊のご相談
妊娠判定問診票ダウンロード
求人情報予約システムのご案内
アクセススタッフブログ
facebokTwitter
PCサイトへ