まどかレディースクリニック

診療のご案内

月経に関すること

月経痛

このような症状はありませんか?

  • 下腹痛がひどい
  • 嘔吐した
  • 腰痛がひどい
  • フラフラする
  • 気持ちが悪くなる
  • 頭痛

月経困難症ってなんだろう

月経痛(生理痛)が強く出て日常生活に支障が出るレベルの症状を月経困難症といいます。
腹痛が強く出て鎮痛剤が必要になったり、仕事ができない場合は、月経困難症といえます。

月経困難症の原因

1機能性月経困難症

月経初日から2日目ごろの出血が多い時に症状が強くなります。子宮の入り口が狭いことや、プロスタグランジンという物質が過剰になることで、子宮が強く収縮することなどが原因になります。

2器質性月経困難症

月経前4~5日から月経後まで続きます。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などが原因になり、20代以降に多くなります。

月経困難症の治療

1鎮痛剤の使用

原因となるプロスタグランジンを抑える鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレンなど)が有効です。痛みがひどくなる前に使用するとよいでしょう。
子宮収縮を抑えるお薬を合わせて使うこともあります。

2器質性月経困難症

排卵や子宮内膜が過剰に厚くなることを抑えることで症状が緩和します。

3器質性月経困難症

器質的月経困難症では、それぞれの疾患に応じた手術をおこなうこともあります。

副作用などはこちら

トップページ初めての方へ
クリニックのご案内女性医師による診療
女性心理士による
カウンセリング
新着情報
診療内容一覧女性のからだと
こころの悩み
思春期のからだと
こころの悩み
女性のための漢方
女性のためのがん検診更年期障害
月経に関すること子宮に関すること
卵巣に関すること女性のための健診
性感染症避妊・月経移動
予防接種避妊のご相談
妊娠判定問診票ダウンロード
求人情報予約システムのご案内
アクセススタッフブログ
facebokTwitter
PCサイトへ