まどかレディースクリニック

札幌市 中央区 大通 1番出口直結のロケーション 女性心理士のいる 女性医師の 婦人科まどかレディースクリニック

女性医師による診療を行います

女性心理士のいるクリニックです

診療時間

 09:00 ~ 13:0015:00 ~ 18:30
*1*1
札医大*2
休診
休診休診

*1 第2・4月曜日診療
*2 第4金曜日午前診療
第2・4月曜、第4金曜終日診療
休診 日・祝
※急患の方はお電話を
09:00〜13:00
15:00〜18:30

ご予約/お問い合わせ011-231-0080

インターネット予約フォーム

求人情報

スタッフブログ

twitter

診療のご案内

月経に関すること

月経痛

こんな症状はありませんか?

  • 下腹痛がひどい
  • 腰痛がひどい
  • 気持ちが悪くなる
  • 下腹痛がひどい
  • 腰痛がひどい
  • 気持ちが悪くなる

機能月経困難症ってなんだろう

月経痛(生理痛)が強く出て日常生活に支障が出るレベルの症状を月経困難症といいます。
腹痛が強く出て鎮痛剤が必要になったり、仕事ができない場合は、月経困難症といえます。

月経困難症の原因

機能性月経困難症
月経初日から2日目ごろの出血が多い時に症状が強くなります。
子宮の入り口が狭いことや、プロスタグランジンという物質が
過剰になることで、子宮が強く収縮することなどが原因になります。
器質性月経困難症
月経前4〜5日から月経後まで続きます。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などが原因になり、20代以降に多くなります。

月経困難症の治療

鎮痛剤の使用
原因となるプロスタグランジンを抑える鎮痛剤(ロキソニン、ボルタレンなど)が有効です。痛みがひどくなる前に使用するとよいでしょう。
子宮収縮を抑えるお薬を合わせて使うこともあります。
器質性月経困難症
排卵や子宮内膜が過剰に厚くなることを抑えることで症状が緩和します。
器質性月経困難症
器質的月経困難症では、それぞれの疾患に応じた手術をおこなうこともあります。

副作用などはこちら ▼

まどかレディースクリニック

〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル9階
※地下鉄大通駅1番出口直結

小さなお悩みでもご相談ください011-231-0080

予約優先です

24時間インターネット予約フォーム

スマートフォンサイトへ