まどかレディースクリニック

札幌市 中央区 大通 1番出口直結のロケーション 女性心理士のいる 女性医師の 婦人科まどかレディースクリニック

女性医師による診療を行います

女性心理士のいるクリニックです

診療時間

 09:00 ~ 13:0015:00 ~ 18:30
*1*1
札医大*2
休診
休診休診

*1 第2・4月曜日診療
*2 第4金曜日午前診療
第2・4月曜、第4金曜終日診療
休診 日・祝
※急患の方はお電話を
09:00〜13:00
15:00〜18:30

ご予約/お問い合わせ011-231-0080

インターネット予約フォーム

求人情報

スタッフブログ

twitter

診療のご案内

更年期障害

このような症状はあてはまりませんか?

  • ものごとに集中できないくらい顔が熱くなりのぼせる。
  • 眠れないくらい手足がほてる。
  • 急激にほてりが出て、汗ばんでくる。
  • めまいが出る。
  • 足のむくみがひどい。
  • 頭痛が出るようになった。
  • 便秘がひどくなった。
  • とにかく疲労感、倦怠感
    がひどい。
  • 動悸や息切れにおそわれるようになった。
  • 不眠になってしまった。

更年期には様々な症状があらわれます。

その場合、更年期障害であったり、また、別の病気の可能性もあるため、からだやこころの不調を感じたら、まずは専門医への受診をおすすめします。

原因について

更年期障害ってなんだろう

女性は、40歳を過ぎた頃から卵巣の機能が低下し始めます。特に更年期という時期に入ると、その低下が急激になります。
更年期では、卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンが減少し、からだの中のホルモンバランスが乱れます。ホルモンバランスが乱れると自律神経の調節が乱れ、“ほてり”や“のぼせ”、“冷え”などの不調が現れます。
このようなホルモンバランスの乱れによっておこる不調を「更年期障害」といいます。

治療について

漢方薬やホルモン剤を使用することで症状が緩和

更年期障害の様々な症状は、漢方薬やホルモン剤などを症状に合わせて使用し症状の緩和を目指します。じっくりとお話をしたうえで、治療の方法を選択します。漢方薬は保険診療のものを処方します。
ホルモン剤は、貼り薬やジェルなどもあります。

※ホルモン補充療法のガイドラインは2012年に更新されました。 

こころのスタンス

快適に、明るく生きるために

更年期は女性なら誰にでもやってくる人生の中のひとつの節目です。
決して何か異常なことであるとか、ホルモンがおかしいとかということではありません。症状が出ずに通り過ぎていく方もたくさんいます。
無理はせずに楽しく過ごせるようにしたいものです。
ただ、必要な方、症状を緩和させたい方はお薬を使用してもかまいません。
お薬は少しでも快適に、明るく生きるためのお手伝いをするものです。

まどかレディースクリニック

〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル9階
※地下鉄大通駅1番出口直結

小さなお悩みでもご相談ください011-231-0080

予約優先です

24時間インターネット予約フォーム

スマートフォンサイトへ