まどかレディースクリニック

札幌市 中央区 大通 1番出口直結のロケーション 女性心理士のいる 女性医師の 婦人科まどかレディースクリニック

女性医師による診療を行います

女性心理士のいるクリニックです

診療時間

 09:00 ~ 13:0015:00 ~ 18:30
*1*1
札医大*2
休診
休診休診

*1 第2・4月曜日診療
*2 第4金曜日午前診療
第2・4月曜、第4金曜終日診療
休診 日・祝
※急患の方はお電話を
09:00〜13:00
15:00〜18:30

ご予約/お問い合わせ011-231-0080

インターネット予約フォーム

求人情報

スタッフブログ

twitter

診療のご案内

子宮に関すること

子宮筋腫

こんな症状はありませんか?

  • 月経の血量が多い
  • 月経がいつまでも
  • 長引く
  • 月経ではないのに
  • 出血がある

子宮筋腫ってなんだろう

宮筋腫は、女性ホルモンの影響で成長する、子宮にできる「良性の腫瘍」です。
発生する場所や、腫瘍の大きさで、生理の血の量、痛みの度合い、不妊、妊娠・出産への影響の出方に違いが出ます。
無症状のものを含めると、成人女性の3人から4人に1人が持っているといわれる腫瘍で、非常に身近な病気です。
子宮筋腫は、あくまで良性の腫瘍ですので、命にかかわるものではありません。
ですから、すぐに手術をしなくてはと考える必要はありませんが、まれに、急に大きくなってしまったり、子宮肉腫という悪性のときもありますので、放置はしないで定期的な検診が必要です。

子宮筋腫の原因

筋腫ができる原因は、はっきりとはわかっていません。
子宮の筋層の中には、筋腫の核というものがあり、それが大きくなるのではないかといわれています。 筋腫の核は誰にでもありますが、卵胞ホルモンの影響を受けることで発育します。筋腫は、卵胞ホルモンの分泌が盛んな成熟期の女性に多く見られます。
※10代の女性にはあまり発生しません。
※閉経後は筋腫も小さくなってしまいます。
筋腫の核があっても、それが大きくなる人とならない人がいるのは、体

質によると考えられています。遺伝すると思われがちですが、子宮筋腫は遺伝する病気ではありません。

子宮筋腫の治療

子宮筋腫による症状がない場合
定期的な検診、経過観察を行います。
3~6ヶ月に1回程度、定期的に診察と画像診断を行って、子宮筋腫の大きさや子宮筋腫による症状などを確認します。
子宮筋腫による症状がある場合
経過観察、薬物療法、手術が必要な場合があります。

まどかレディースクリニック

〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目 昭和ビル9階
※地下鉄大通駅1番出口直結

小さなお悩みでもご相談ください011-231-0080

予約優先です

24時間インターネット予約フォーム

スマートフォンサイトへ